珍しい雪桜

先日急な寒波にて春の陽気のなか雪が降りました。

その日は大田原の龍城公園へ機材の撤収に伺い、撤収を終えた後、桜と雪のコラボレーションの写真を撮りました。

写真だとあまりわかりにくいのですが、私が覚えているなかで初めての光景でした。

日本の四季はとても美しく、今後も守っていきたいのもだと感じました。

季節の変わり目と体調管理の難しさ

ある日身体に違和感を感じ、目が真っ赤に充血したので、慌てて眼科で診察を受けたら目の中心部分が炎症を起こしているとの診断でした。すぐに治るのだろうと楽観視していたのに、治療を始めてからもうすぐ2カ月。全身の倦怠感、発熱、頭痛、激しい咳、ぼんやりする視界と増えた飛蚊症、羅列すればきりがない程。内科の色々な検査でも多少の異常はあっても病名が付く程でもなく、医者は頭を傾げるばかりです。それでも体の具合は今月に入ってから徐々に回復しているので、もうちょっとの辛抱だと前向きに考えています。でも、少しずつハッキリしてきた視界の真中に泳いでいる飛蚊症は蛙の卵の様で、どんなに綺麗な景色を見ても蛙の卵越しにしか見ることが出来ないかと思うと、ちょっと憂鬱です。季節の変わり目、体調管理に益々気を付けたいですね。

4月なのに雪が!この寒暖差が体調を崩す原因に

プロ野球シーズン開幕!!

今年もプロ野球のシーズンが始まり、今年も東北楽天ゴールデンイーグルスを応援しようと、ホーム開幕の3戦目に行ってきました。対戦相手は北海道日本ハムファイターズでしたが11-2で見事勝利を見届けることができました。今年こそ、優勝をしてほしいですね!!

今年から楽天生命パーク宮城は現金の使用ができない完全キャッシュレス化になり、少し戸惑いながらも買い物も楽しむことができました。

平日の試合とはいえ、20,000人以上が来場されている球場、仙台市をみて、試合がホームで行われている時は、どれだけの経済効果が生れているのだろうかと、スポーツイベントのチカラを感じる一日となりました。

 

観戦は3塁側フィールドシートで。ミットに球が収まる音まで聞こえます。

 

この日はキッズデーということで、試合終了後、グラウンド内に入ってきました

 

 

海は素晴らしい!

帯状疱疹で気が滅入っていた3月下旬に無性に海が見たくなり、品川から京急の「まぐろキップ」を買って三浦半島からまぐろの水揚げで有名な三崎に行って来た。この「まぐろキップ」は品川から三浦半島まで電車、バス代が乗り放題のほかに、まぐろのまんぷく券や施設使用券やお土産券がついていて、3,500円と超お得な料金です。

真っ青に高い空、吹き抜ける海風にわずか1時間で出会えて、おいしいまぐろ料理を食べて温泉や遊覧船や水族館の利用または水産品の1,000円相当のお土産と交換出来る。

久々に気分転換が出来た!海なし県に生まれ育った自分はやはり海は素晴らしい癒された一時だった。

 

遠くに富士山が見える三浦半島(城ケ島海岸)の絶景

てんこ盛りのまぐろ丼。みそ汁やイカ焼きがついた

自由は素晴らしい!

先月の「健康は素晴らしい!」というタイトルでブログを書きましたが、結局帯状疱疹の後遺症と精密検査であの後約1週間ほど検査入院をしました。入院した日の夕食から重湯とスープとヨーグルトという重症患者並みの病院食で消灯は夜9時の非日常的な入院生活が始まりました。

幸い個室を指定したので消灯時間はある程度自由になりましたが、それでも行動の自由は束縛され刑務所の独房に入った感じで時間がたっぷりあるのでゆっくり読もうと持参した本も精神的に検査の結果が気になり手につかず、ベッド生活で足腰は弱り、最後の頃は絶食で点滴がまる1日。それでも検査を乗り越え結果も問題なく無事に退院。やっぱり自由は素晴らしい!

味気ない重湯の病院食

1日中点滴はつらい

楽しかった弾丸ツアーⅢ

私の所属する婦人バレーボールチームでの親善旅行も今年で3回目になりました。当初、横浜中華街に遠出する予定でしたが、高校受験生と小学校卒業の子供が多くいるので、今年も弾丸ツアーに変更となり那珂湊魚市場へ「寿司食べ放題」と「お魚お買物」に行ってきました。

食べ放題とはいえ、一貫が大きく私も9皿食べてギブアップ。みんなの平均が10皿の中、15皿食べた強者がいてTVでよく見る大食い女王の様なお腹を見せているので、お腹をさすりながら「出産はいつの予定?」と全員で大爆笑!美味しい魚を食べて、買って、楽しい1日でした。

しかし、せっかく買ってきた夕食の刺身は、ほとんど食べられませんでした。後日聞いたら、皆そうだったようです

ごちそうさまでした!

筑波山登山へ

3月に入り晴れの日と雨の日が交互にやってくる季節となりました。忙しくなる季節の前に、思い切って、筑波山ソロ登山に行ってきました。筑波山は日本百名山の一つで比較的気軽に登れる山として人気がある山です。標高は877m。男体山と女体山が織りなす山です。

 

行ってきたのは2月14日。平日ということもあり、登山客はまばらでした。ケーブルカー宮脇駅付近の第3駐車場から筑波山神社を参拝し、迎場コースを通りロープウェイのつつじヶ丘駅まで約40分。そこから、おたつ石コースを通って女体山山頂を目指しました。

 

初めての筑波山登山でしたが人気の理由がすぐに分かりました。道中は神秘的な奇岩が沢山あり、パワースポットとしての解説看板もり、楽しみながら登ることができました。

 

弁慶の七戻りという奇岩。周囲に引っかかっているだけの岩で、この下を通らなければ先には進めません。

筑波山 弁慶七戻り

 

出船入船

 

そして歩くこと、2時間。無事に女体山頂へたどり着くことができました。

女体山から男体山への山頂連絡路があり男体山頂にも足を運び、帰路は御幸ヶ原コース(約70分)をかけ無事に戻ることができました。

これからの季節の登山はとても心地良いでしょうし楽しみですね。何よりも簡単にダイエットできるので登山はおすすめです。忍耐力もつきますしね。

ちなみに先日の3月2日にも子ども達を連れ2回目の登山をしてきました。

 

寒波の足跡

今年は、去年に比べ圧倒的に雪が少なくて道路凍結が無く非常に良いのですが、田植え等の水不足が心配です。

今月連休に今年最強の寒波がやってきました。その日はタイミング悪く郡山まで行く予定になっていたので空からフワフワと降る白い結晶を苦々しく見つめながら出発しました。雪の降る中の高速道路の運転は緊張の連続で、超安全運転で、急いで、帰ってきました。

でも最強寒波と言っていたのに心配する程でもなく、溶けた後に可愛い足跡を残して去っていきました。

猫の足跡です

温泉カフェに行って来た

最近ブームでメディアでもよく取り上げられている温泉カフェに友人3人で行って来ました。

外観はここが温泉?となるような見た目で、中へ入ると暖炉やコタツやバーのカウンターがまず目に入る。

第一印象はシェアハウスのような印象で1つの部屋に住人集まっているようでした。

温泉に入る前に飲食スペースで昼食を頼んでおなかを満たしました。

温泉はスーパー銭湯とさほど変わらずジェットバスやサウナ・露天風呂などがあり、友人3人と気が済むまでお湯につかりました。

風呂を出てからは椅子に座りながら話をしたりして過ごして、5時間くらい滞在し、店を後にしました。

感想として、とにかくカップルが多い!(笑)

大の大人3人、しかも男で行くにはだいぶ肩身の狭いものでした(笑)

 

健康は素晴らしい!

昨年末から体調を崩してまもなく1ヶ月半が過ぎようとしています。

健康管理には気を付けて1年に1回の人間ドックや定期的にホームドクターの血液などのチェックを3~4ヶ月に1度診察を受けていましたが、今回は「帯状疱疹」が突然発病して1ヶ月前後で快復するような話もありましたが、腰周辺の痛みや痺れ、そして胃腸の不調などの後遺症?合併症?か分からずに検査入院を約1週間することになりました。

健康な時には何も感じませんが、一度体調を崩すと当然ながら健康のありがたさを実感します。

健康は素晴らしい!

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン