今年も猛暑でした

今年の7月は例年にない低い気温と遅い梅雨明けになりましたが、梅雨が明けた途端の猛暑に辟易しました。去年と同じく全ての物を溶かしてしまいそうな暑さが続き(希望としては、体を少し溶かしてもらってスッキリしたかったです)熱帯夜で寝不足の連続でしたが、お盆を迎えた頃から少しずつ朝晩は過ごしやすくなったかな…位にはなってきました。

暑さももう少しの我慢。稲刈りが始まるころには快適になって“馬肥ゆる…”これも要注意です。

駐車していた車の温度計が凄いことになっていました

護国神社に参拝

明日から参加する、パラオ共和国事業「絆の島ペリリュー島」(日本・パラオ共和国外交関係樹立25周年記念事業)の前に、栃木県護国神社に参拝をしてきました。各県にある「護国神社」という神社の存在は知ってはいましたが、何を祀る神社なのかは、恥ずかしながら知らず、今回の事業に参加をすることで、初めて知りました。

 

護国神社とは国家の為に殉難した人の霊を祀るための神社だそうです。栃木県護国神社は明治維新、日清戦争、日露戦争、大東亜戦争等の戦没者をはじめ、消防、警察、自衛隊の殉職者、55,361柱が祀られています。

 

大日本帝国陸軍第14師団の司令部を当時、宇都宮に置かれており、今回の事業で訪島するペリリュー島ととても所縁が深い護国神社となります。

大東亜戦争の参考書物を読み重ねるにつれ、戦地に赴いた先人たちの想いが垣間見れ、戦争に勝つという思いよりも、家族、地域、友達を愛する精神性は、現代日本にとって欠落していると言っても過言でもないような気がします。

北海道へ研修旅行に行ってきました

7月7日~10にかけて社員研修旅行ということで、北海道へ行ってきました。

帯広空港でレンタカーに乗り初日はファーム冨田でラベンダーを鑑賞してそのまま旭川へ。

2日目は旭山動物園を見てから網走監獄を見るため網走へ行き、そのまま知床へ。

3日目は霧で予定していた遊覧船が途中で中止となり、摩周湖、阿寒湖を見て釧路へ。

4日目は勝手丼という自分の好きな海鮮を選んで乗せられる丼を食べて、釧路湿原を見て帰ってきました。

この4日間で750kmも車を走らせ移動がとても多い旅行となりましたが、景色も気候もすべて関東とは違っていて移動だけでも楽しい旅行となりました。

帯広空港着陸前の飛行機からの写真

勝手丼!うまい!

長年愛用していたシューズ

私が婦人バレーボールを始めて、もうすぐ20年。楽しい仲間と汗を流し、今の自分の楽しみの一つです。

初めのチームは、人数が少なくなってしまい入ってから2年で解散してしまいました。それを聞いた今のチームが一番最初に誘ってくれたので入ることに決めましたが、すぐに誘ってくれたのがとても嬉しかったのを覚えています。

それから心機一転、すぐに新しく買ったシューズは、ジャンプに特化した物で履きやすく、生地が切れてぼろぼろになっても履き続けていました。しかし先週、練習が終わってシューズ入れに仕舞おうとした時、踵が割れているのに気付き大ショック!

15年近く愛用してきたシューズに感謝しながら、サブで持っていたシューズに交換しました。サブシューズも何度か履いてましたが、まだしっくりとこない履き心地です。さて、このシューズが足にフィットするまでバレーやれるのだろうか?そんなことを思いながら、長く続くよう怪我に注意して頑張っています。

長い間お世話になりました

 

これからよろしく

メダカの学校2年生

昨年、お客様より分けていただき、2年目の初夏を迎えました。春先から水温も暖かくなりメダカたちの活性も良くなり毎日おなかに卵をつけて泳ぎまわっています。 13匹の中で5匹は毎日、卵をつけて一日で20個ぐらいは採取できます。

 

卵はホテイソウの根やホテイソウに似せて作ったスポンジに産卵しています。毎日採取し、稚魚は100匹を超えました。ちなみに稚魚は親と隔離し、コンビニなどに売っている、そばやうどんの容器を再利用しています。

メダカの大きさは、稚魚の時に決まると言われているので餌は絶やさないように与えています。

 

写真では稚魚も小さすぎてあまりよく分かりませんが、スクスクと成長しています。

手作りのレジンのキーホルダー

先日友人から手作りのレジンのキーホルダーを頂きました。

レジンとは合成樹脂のことで赤外線により固めるものが多い?ようです。

作り手が作り先をイメージして製作するため、市販されているキーホルダーではなかなか出ない表現がされていて面白いですね。

実際に頂いたキーホルダー

好きな色だったりイニシャルが入っていて、世界に一つだけの私だけのキーホルダーですね。

栃木の自然と遭遇

先日、営業中に矢板市内を車で走っていると、田んぼの道路の真ん中をサワガニが歩いていました。

 

この時期、毛虫はよく道路を横断している姿を見るのですが、初めて見たときは、まさかカニだとは思わず、目を疑いました。数年前から同じ道路でサワガニが道路を横断する姿を数回見たことがあり、栃木の自然、里山の豊かさを感じる出来事でした。

矢板市 自然 サワガニ

 

営業は人との出会い、縁を繋ぐことだと思いますが、自然や出来事等との出会いや縁も大切にしていきたいです。

 

P.S.この時期はモンシロチョウも沢山飛んでいるので、激突注意で走行するのも難しいですね(汗)

最近ハマっている芋けんぴ

最近私がハマっているのは芋けんぴ。

芋けんぴもたくさんの種類があって、コンビニやスーパーには大抵陳列されています。

種類によって芋の味が濃いものがあったり、砂糖が多く使用されていたりと特色があり、どの芋けんぴを食べても美味しいです!

今回載せている写真はファミリーマートの芋けんぴなのですが、とても食べやすくて美味しいです!

個人的に1番美味しいなと思う芋けんぴはローソンにある芋けんぴです!

芋本来の味がとてもよく出ていて、砂糖の感じより芋の甘さが引き立つような仕上がりとなっています!

皆さんもぜひ1度ご賞味ください!!

今年の10連休は観光地は大盛況!

今年のGWは史上初の10連休になり、各観光地は大混雑して大盛況だった。

那須高原の那須りんどう湖LAKE VIEWもGW期間中毎日1万人以上が訪れ家族連れやカップルで賑わった。

特に本年は昨年子供向けキャラクターショーを休み、本年はそれが復活してちびっ子の歓声が湖畔にこだました。また各アトラクションも大勢の人々が列をつくった。

それに引き換えテレビ東京の「何でも鑑定団」の特別番組にりんどう湖ギャラリーが紹介され、日頃閑散しているギャラリーも沢山の人が見学に訪れた。ちなみにその時の鑑定額はミレーやクールベの絵が約10点ほどで4億3千万円だった。

 

那須高原の小さなスイスにふさわしい光景

戦隊キャラクターショーにステージは満席!応援もすごい!

新しい参加型アトラクションは長蛇の列

大勢の人が見学に来たギャラリー  手前の絵はクールベの「シオン城」

20年前に住んでいたところ

先日、出張で川崎市溝の口まで行ってきました。せっかくなので小田急線で登戸駅で乗り換え、南武線で向かってみました。目的は20年前に住んでいた、小田急線登戸駅を立ち寄りたかったからです。

20年前から小田急線の複線化工事で、上りと下りのホームがころころ変わったりと工事をしているイメージしかありませんでしたが、ドラえもんの駅になったと数か月前にニュースを観たばかり。近くに藤子・F・不二雄ミュージアムがあるためです。

登戸駅は行き先看板や改札、階段、エレベーター等全て、ドラえもん仕様でした。

看板

 

駅の様子や街並みもほとんど変わっていました。20年前は東京都と多摩川を挟んで県境ということで、閑静な住宅街しかない駅でしたが、20年も経つと発展しているものですね。

 

大田原市も見た目は変わっていないようでも、きっと見方を変えれば時代は流れているのでしょうね。

 

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン