すこしかわった秋の味覚

この季節になると道の駅や直売所では

秋の作物が色鮮やかに並びますよね。

中でもりんご、ぶどう、いちじく等、フルーツが充実するところに

ポポーというフルーツが並んでいました。

なんでも「幻のフルーツ」と呼ばれているらしいです。

昔ちょっと流行ったらしいのですが、わたしは見たことも食べたこともなかったので

さっそく購入し実食しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥にある黄色い果肉のフルーツが「幻のフルーツ」ポポー。手前は一緒に購入したあけび。

 

気になるその味は、甘くて柔らかくとっても美味でした。

柿とマンゴーとパイナップルとバナナとパパイアを混ぜたような味がします。

ひとつのフルーツで摩訶不思議南国旅行を味じわうことができました(?)

9〜10月が旬のフルーツらしいので、気になる方は見つけて買ってみても良いかもしれません。

秋の味覚

栃木県は少し林の道を走るだけで、この時期はイガ栗が道端に、大量に落ちています。山栗です。拾っている人もたくさんみかけます。しかし、車通りが多い道ではすっかり拾われており、気づいたところには一つも落ちておりません。タイミングが命となります。

 

先日、草刈りボランティアでお邪魔した、那珂川町で山栗を沢山拾うことができました。

 

私が今回拾った場所も台風?明けでまだ、誰も拾っていない道路。約10分の間の100個近い栗を拾うことができました。

 

半分は栗ご飯として。半分はそのまま茹でて食べてしまおうかと思います。

 

実るほど首を垂れる稲穂かな

田んぼが一面黄金色に染まる秋ですが、

稲の色はパッチワークのようになっているなと思い、写真をパチリ。

田植え、稲刈り、みんな一斉に田んぼに集まって作業していて賑やかでしたが、高齢化、後継者不足で貸してしまった家が多く、一斉に植え付ける事がないからでしょうか。

我家も田んぼを半分だけ貸しているので、このパッチワークの中に家の田んぼもあります。離れた所にある田んぼは自分たちで作業しますが、やっと刈り終わりました。

パッチワークの稲が刈り終わるのは、まだまだ日数がかかるのでしょう。

公式グッズ

東京オリンピックが開幕し、連日メダルのラッシュでスポーツを観戦して感動を頂いています。現地での応援はできずとも、普段のオリンピックも海外で行われているので差ほど、残念な感じは個人的にはありません。

自国開催ということもあり、少しでも参加した意味?を味わいたいと思い、東京オリンピック2020公式グッズを購入してみました。公式オンラインショップから通常のネットショッピングと同じ感じで購入することができました。(ただ、スポンサーの関係でカード決済はVISAカードのみでした)

購入したものはタオル、タクシーのトミカ、エコバック等です。手元に届いた時は、東京オリンピック2020にに自分も参加した気分を味わうことができました。今しか手に入らない代物ですからね。

 

大田原市内の草刈り

7月に入り、ようやく梅雨が明けそうなタイミングで一般家庭や耕作放棄地、空き家の草刈りのお見積り依頼が大変多く増えています。大田原市や那須町、那須塩原市等、県北地域の草刈りのお問合せは弊社までよろしくお願いいたします。

料金の目安として、スタッフ2名で一日作業で完了する広さ(約1,500平方メートル)であれば36,000円(税抜)となります。(平地・草処分無し・刈込機燃料代含む・交通費含む)とは言っても、様々な場所がありますので、お電話頂ければ一度、現地の確認と料金の提示をさせて頂きます。

 

今回は本年秋に弊社資材倉庫(ヤード)を建設するため、建設予定地の草刈りを行いました。こちらの広さは、3,600平方メートルあり、一人で草を刈って丸二日かかりました。

仮設トイレ レンタル

 

現在は開発申請と倉庫建設に関する積算中です。完成するまで時間を見てはひたすら草刈りを行います!

 

南天の花

南天と言えば、

「難を転ずる」と言われていて、お正月飾りの定番品です。雷、鬼除けの柊と共に敷地の木戸に植えてある家もあると思います。

家も数カ所にあるのですが、先日白くて可愛い花が咲いているのが目に留まり写真に撮っておきました。

赤い実は知っていると思いますが花を見たことがある人は少ないのではないでしょうか。花はすぐに散ってしまい、何カ月もかけて白い実から真っ赤な実になります。それまで、鳥に食べられてしまう実が多いのですが、残った南天は正月飾りにする予定です。

 

愛着

長年愛用していた私物のMacbookProが壊れてしまいました。

だいぶボロになっていたのでそろそろ買い替えかと思っていた矢先、

キーボードにお茶をぶっかけてしまいました。

自分にできる対処もして修理屋さんにも見てもらいましたが

結局、完全に直すよりは次を買ったほうが良い、という判断になりました。

キーが反応しなくなったMacbookを大切に持ち帰り、その帰りに

新しいiMacを購入しました。

新しいiMacとの新生活へのわくわくもあり、

Macbookとの突然のお別れを飲み込みきれない自分もあり…

学生時代からわたしを支えてくれたMacbookは、今は棚の中で眠っています。

動かなくても家族同然なので、この先も手放すことはできそうにありません。

建設予定地 若草ヤードの草刈り

令和3年度内に開始する、仮設トイレ事業用のヤード用地の管理で、草刈りを行っています。開発申請をするまでにまだ時間がかかり、開発申請、造成工事が始まるまでは草刈り等の管理をしないと、あっという間に草が伸びきってしまいます。梅雨入り前のこの頃は特に伸びるため、早く造成工事を始めたい気持ちになります。およそ1,000坪の土地にイベント機材をストックするヤード、倉庫等を造成する予定です。

 

 

草刈りをしていたら、地面に鳥の巣?タマゴがありました。鳥なのか、ヘビなのか・・・

 

草が伸びている時はしっかりと隠れていたのですが、巣が丸見えになってしまい、少し申し訳ない気持ちになってしまいました。とりあえず、そのままにしてあります。

 

農福連携の施設がオープン

那須塩原市三区町にある、そすいの郷敷地内に、新たな甘味処和と輪が5月16日にオープンいたしました。

元々のそすいの郷直売センターの店舗跡地を改装しオープンしました。早速、おじゃましてきましたが、おしゃれな内装と音楽で、別世界にきたような雰囲気があるお店でした。

お店のコンセプトは、畑で小豆を育てるところから。という、地域の方々の協力を得ながら、小豆も生産し手間暇をかけ生産、農福連携を基本に六次産業を目指しているそうです。

 

写真は頂いた、抹茶パフェ。

そのほか、お雑煮やおしるこ、限定5食のカレーセット、等々がメニューにあります。

甘味処 和と輪ホームページ https://wa-to-wa.cafe/

 

お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

降雹

毎年恒例、ゴールデンウィーク中の田植えをしていたときです。

北に見える山並みの方から滝が落ちるような「ゴー」という水音が聞こえてきました。

過去に経験した事もあるのですぐに大雨(スコール)が来ると分かりましたので田んぼにいる皆で支給避難したのですが、納屋の軒先にたどり着かないうちに降ってきてびしょ濡れになってしまいました。それからすぐに雨は雹になりパチンコ玉大の雹にあたった野菜は白く水玉模様になっていました。

残念ながら降った時のたくさんの雹の写真は撮れませんでしたが、しばらくたっても融けずに残っていたことにびっくりです

カテゴリー

最近のコメント

    過去の記事

    Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン